君津ロータリークラブ ロゴ君津ロータリークラブ君津ロータリークラブ

   

 

RI会長写真


ROTARY: MAKING A DIFFERENCE
「ロータリー:変化をもたらす」


2017-2018年度 国際ロータリー会長 イアン H.S. ライズリー

 数年前、知り合った人からある質問をされました:「ロータリーとは何ですか?」シンプルであるはずのこの質問に答えようと口を開きかけたところで、思わず止まってしまいました。どこから説明してよいか分からなかったのです。ロータリーとは何かを、私が知らなかったわけではありません。問題は、ロータリーがあまりに大きく、複雑すぎて、簡単に説明できないことでした。

 ロータリーとは、会員制の団体、クラブを基盤とした団体、奉仕を行う団体であり、町ごと、地域ごと、そして全世界で活動する団体です。その会員は、地域社会のメンバー、事業人、職業人であり、現役で仕事をする人もいれば、定年退職した人もいます。そして、世界のほぼすべての国で活動しています。120万人の会員一人ひとりが、独自の目標と優先を掲げ、一味違った経験をしています。一人ひとりが、ロータリーを独自の解釈で理解しているのです。

 私にとってロータリーとは、「どのような団体か」ではなく、「何をしているか」で定義されます。すなわち、ロータリーが私たちに与えてくれる可能性、そして、その可能性を有意義かつ持続可能な奉仕によって実現する方法によって、定義されるのです。ロータリーには、112年の豊かな歴史があります。この間にロータリーは、徐々に成長し、成熟し、会員と地域社会の変わりゆくニーズに対応しながら、ある意味で大きく変わりました。

 しかし、その根底にあるものは同じです。それは、地域社会と世界に変化を生みだしたいという願い、そして、ロータリーを通じてそれを実現できるようになった人が集まった組織だということです。「ロータリーとは何ですか」という問いに、私たちは行動をもって答えます。奉仕を通じて変化をもたらすことによって。  組織として、私たちは、ロータリーとは何か、何をするのかを世界に理解してもらうことが、いかに重要であるかを認識しています。同時に、各クラブがロータリー奉仕を独自に定義することが、かつてないほど重要であると自覚しています。ロータリアンである私たちは、これまでよりも柔軟に、クラブの例会、活動、発展の方法を決定でき、また、もっと多くの女性や多様な会員を迎え入れて、地域社会の特色をクラブに映し出すことに力を注いでいます。長期の計画、持続可能な奉仕、全レベルでのリーダーシップの継続性を重視することで、ロータリーが世界有数のボランティア組織であり続けるよう努力しています。

 2017−18年度、「ロータリーとは何ですか」という問いに、私たちは「ロータリー:変化をもたらす」というテーマで答えます。それぞれどのような方法で奉仕することを選んだとしても、その理由は、奉仕を通じて人びとの人生に変化をもたらせると信じているからです。新しい遊び場や学校をつくる、医療や衛生設備を改善する、紛争仲裁者や助産師を研修するなど、私たちはその活動が、人数が多かろうが少なかろうが、誰かの人生をより良くしているのだと知っています。ロータリー入会のきっかけが何であれ、私たちがロータリーにとどまり続けるのは、ロータリーで充実感を得ることができるからです。この充実感は、毎週、毎年、「変化をもたらす」ロータリーの一員であることから湧き出てくるものなのです。


 
サイン 

2017−18年度国際ロータリー会長
イアン H.S. ライズリー

 

イアン H.S. ライズリー 氏 略歴

オーストラリア(ビクトリア州)、Sandringham ロータリークラブ所属
2017-2018年度国際ロータリー会長


 公認会計士。1976年に自身が設立したIan Riseley & Co.の社長。

 私立・公立学校の理事、サンドリンガム市諮問グルプのメンバー、Beaumaris Sea Scouts Groupの会長、Langi?Taanスキークラブの会長などを務めた経験あり。

 現在は多くの慈善団体で名誉監査人やアドバイザーを務めている。

 オーストラリア政府より「AusAID Peacebuilder Award」受賞、オーストラリア勲章を受勲。ロータリー財団からは「ポリオのない世界のための奉仕賞」の地域賞を受賞。1978年にロータリークラブ入会。RI財務長、理事、数々のRIおよび財団委員会の委員長と委員などを歴任。



国際ロータリー第2790地区 2017-18年度ガバナー
寺嶋 哲生(柏RC)

国際ロータリー第2790地区  2016−2017年度ガバナー 青木 貞雄 A.最初に

 2017−18年度、RI第2790地区のガバナーを務めさせて頂きます。

 ガバナーとは、私にとりましては身に余る職責ではありますが、誠心誠意努力致す所存です。

 皆様のご支援とご協力をお願い申し上げます。


B.RI会長のテーマ

 イアン・ライズリーRI会長は、2017−18年度RIテーマを「ロータリー:変化をもたらす」(英文「ROTARY:MAKING A DIFFERENCE 」)と発表されました。

 私は、ライズリーRI会長は、このテーマを通じて次の3つの事について言及していると思います。

 一つ目は、RIの標榜する世界有数のボランティア団体を目指すという方向性を、会長自らも継承し、推進するという事。

 二つ目は、その為に、私達ロータリアンに、実践的・具体的な奉仕プロジェクトを強く推奨している事。

 三つ目は、その奉仕プロジェクトは、決して自己満足に終始することなく、受益者の人生や境遇を変える結果を伴うものとすべき事。

 会長エレクトの真意は、このようなものであると、私は理解致しました。


C.地区運営に関する基本的な考え方

 地区を運営するにあたり、@理念と実践、A事業と運営、B継続と革新の三つの観点から考察致します。

理念と実践
 決議23−34が採択される前夜は、職業倫理を重視する理念派と、金銭的奉仕や身体的奉仕といった実践的奉仕活動を重視する実践派が、その対立を深めていたと聞き及びます。

 只今のRIは世界最大のボランティア団体を目指し、DLPやCLPの導入を推奨しておりますが、その方向性に対しては、職業倫理を軽んじているとの批判を間々耳にいたします。

 他方実践派からは、理念にのみ拘泥されるスタンスは、もはや世界の潮流に逆行し、ロータリーの衰退に繋がるとの批判もあるようです。

 私は、この理念と実践は二者択一ではなく、当然に共存できるものと考えます。

 例えば2790地区の中に、理念を重視するクラブと実践に重きを置くクラブが共存する。或いは、同じクラブの中に、双方の会員が共存する。

 更には、高潔な職業倫理を抱きつつ、具体的な奉仕活動を実践する会員が存在する。

 これらの事には何の不都合もなく、ロータリーを意義あるものと致します。

 理念の選択は実践を否定せず、実践は理念を否定しない。私は、そのように考えます。

事業と運営
 公益法人の判定基準では、経常的支出に占める公益事業費が50%を超えていることが必要とされます。

 ロータリーがボランティア団体を目指すのであるならば、当然に、法人運営に関わる経費の相対的な矮小化を意識すべきであります。

 人口が減少し経済規模が縮小する今後の日本において、一定の公益事業水準を維持するためには、絶対値としての法人運営費を圧縮すべきことは明らかでありましょう。

 2790地区は、いわゆる人格なき社団ではあるものの、運営を円滑に行うと共に、如何に公益目的事業比率を上げることができるのか。それを検討したいと考えます。

継続と革新
 決議23−34には、ロータリーの行う奉仕活動は一会計年度において完了し、毎年度異なる事業を行う事が望ましい旨示唆されております。

 RI会長、 地区ガバナー、クラブ会長、全ての任期が一年である以上、この単年度主義は合理的な慣習ではあったと思われます。

 しかしながら、最近になって戦略計画委員会の設置が推奨され、あるいはロータリー財団委員長の任期が3年となるなど、事業の継続性が推奨され始めております。

 ロータリーが職業倫理を掲げ、実践的奉仕活動も会員個人の資質に委ねられていた過去のある時期においては、単年度主義は合理性を持っていたと言えましょう。

 しかしながら、団体としての金銭的身体的奉仕活動が推奨され、奉仕を標傍する団体である事に存在意義を見出そうとするならば、自己満足に終始しない奉仕活動の実践には、専門性を伴う継続性を具備すべきである事は、想像に難くありません。

 更に、継続性を備えたノウハウの蓄積は、ただ惰性を産むこととは一線を画し、創造的な革新に繋がるものと期待できます。

 端的に申せば、事業に対する習熟を経た後に、初めて可能となる改革や革新がある。

 地区の設置する委員会においても、継続性を担保して革新の土壌を育む、そんな状況を意図したいと考えます。


E.2017-18年度行動指針

 「理念と実践〜Think Next〜」

 2016年の規定審議会による改革は、ロータリーの活動における方法論としての柔軟性を認めてはいるものの、ロータリーの目的(綱領)や中核的価値観は不変であり、職業倫理を中心に奉仕の理念を掲げるロータリーの本質は全く変わっていないものと考えます。

 その理念を啓蒙し、理念を共有する会員の輪を拡大する為の手段として、身体的奉仕や金銭的奉仕の実践が求められるものと思います。

 RIが実践的奉仕活動を求めるならば、その実践を高潔足らしめる理念の再考は不可欠でありましょう。

 社会情勢の変化に適合し、更なる深化を期待して、次世代の対応を考える。そんな思いから、「理念と実践?Think Next?」を行動指針と致します。


E.2017-18年度行動指針

 RIの定める各地区は、各クラブの成功を後押しし、各クラブの活性化を支援する事を目的としております。

 つまり、ガバナーやガバナー補佐、地区委員会は、全てクラブ会長のリーダーシップを支援する為に存在するものとご理解ください。

 2016年に行われた規定審議会の改変は、会員の資格要件や例会の運営方法において、クラブ単位の大きな裁量権を認める結果となりました。

 各クラブは、独自に戦略計画を立案し、魅力あるクラブとなる事が望まれております。

 これから会長年度を迎える皆様には、折角の機会を無にすることなく、充実したクラブ運営を図って頂きたく、強くご期待申し上げます。


寺嶋 哲生ガバナープロフィール

氏名 寺嶋 哲生(てらじま てつお)
NAKAMURA HIRONOBU

生年月日(年齢) 1959年(昭和34年) 9月14日(57歳)

所属クラブ 柏ロータリークラブ

職業分類 公益財団法人 摘水軒記念文化振興財団

事業所住所 〒277-0005 柏市柏4-5-3

事業所電話 04-7167-6153

最終学歴 日本大学大学院博士課程修了(歯学博士)

ロータリー歴 1989年 8月 柏ロータリークラブ入会
1997-98年 同クラブ幹事
2004-05年 同クラブ会長
2015-16年 地区ガバナーノミニー
2016-17年 地区ガバナーエレクト

認 証 ポール・ハリス・フェロー
マルチプル・ポール・ハリス・フェロー
ベネファクター
メジャー・ドナー
米山功労者


RI 2017-2018 国際ロータリーロゴ
国際ロータリー 日本語サイト


RI会長・ガバナー
RI会長・ガバナー

国際ロータリー 第2790地区
国際ロータリー 第2790地区

君津ロータリークラブ事務所

〒299-1144
千葉県君津市東坂田1-3-3 304
TEL:0439-52-8882
FAX:0439-20-8880
E-mail:
kimitsu_rc@ybb.ne.jp

君津ロータリークラブ 地図はこちら



君津ロータリークラブ 例会のご案内

■開催場所(通常)


ホテル千成
千葉県君津市東坂田4-1-1
TEL:0439-52-8511
アクセスマップはこちら

■開催場所(臨時)


旅館 かわな
千葉県君津市人見915
TEL:0439-52-1318
アクセスマップはこちら
 
■開催日時

毎週月曜日
PM12:30〜PM1 :30