国際奉仕委員会

委 員 長 大住 昌弘
副委員長 大森 俊介
委  員 川名 正志

 
 
 ロータリーの目的 第4項には「奉仕の理念で結ばれた職業人が、世界的ネットワークを通じて、国際理解、親善、平和を推進すること」と謳われている。当委員会は、この考えのもと、君津ロータリークラブで実行可能な活動として、国際平和につながる人道的奉仕プロジェクトを推進する。
 
 
 1.今後の君津ロータリークラブの国際奉仕活動として、継続的に推進できる
   テーマ、短期的でも意味のあるテーマについて、R12790地区の他の
   ロータリークラブとの連携も視野に、早急に、多角的に検討を進め、着手する。
   現状、具体的な活動として、柏東ロータリークラブなどとの連携により、スリ
   ランカへの浄水器寄贈プロジェクトの検討を進めており、ある程度の予算対応は
   準備しておきたい。
   また、これまで、当ロータリークラブとしてベトナムからの奨学生を受け入れた
   経緯もあり、同国への国際奉仕活動も模索していく。

 2.上記など人道的課題に取り組むロータリーの公共イメージと認知度の向上の
   観点もあり、本年10月に実施予定の「枝豆収穫祭」の参加者に国際ロータリーの
   ポリオ撲滅運動への支援を訴え、また、当クラブの国際的な奉仕活動について
   PRを行う。

 3.君津市国際交流協会への協力支援を行う。

 4.次年度国際大会(2018年6月23日〜27日、カナダ/トロントにて開催予定)
   への参加を呼びかける。